トピックス

トピックス

2018/08/26
「2018プロボウリング男子新人戦」終了

大会ページ

今年はプロのみで開催となったプロボウリング男子新人戦、プロ入りから3年間のみ参加できる貴重な新人戦のタイトルを巡って、最後のチャンスにタイトルが欲しい55期生、後輩には負けられない56期生、同期には負けたくない57期生の44人がそれぞれのプライドを賭けて火花を散らし、厳しい猛暑にも負けぬ熱い戦いが繰り広げられました。
なかでも気炎を吐いたのが、北海道から参戦の57期生・江川司。準決勝で圏外から猛追してきた同じ57期、福田尊仁との決勝に。
江川と福田はライセンスNo.も2番違い。ともに切磋琢磨しあう朋輩にして、プロテストから続くもっとも身近なライバルとも言える間柄。しかも予選から絶好調の江川と、準決勝からエンジン全開で追い上げて来た福田だけに、3rdマッチ・優勝決定戦は白熱した試合展開になりました。
ストライクで滑り出した江川に対し、1・2フレームをスペアとした福田が一歩出遅れたかと思われましたが、江川が右レーンに捕まってしまいダッチマン状態に。その隙に福田が3フレーム目からストライクを繋げ、リードを取ります。
このまま攻略できなければ福田に逃げ切られてしまうという焦りが生まれる6フレーム目、ようやく江川が右レーンでストライクに成功。7フレーム目から一転してストライクが決まらない福田に逆転し、その差を広げます。
逆転された福田はさらに9フレーム目、痛恨の7-10スプリット。自力優勝は厳しくなりましたが、10フレーム目でパンチアウトを決めて江川にプレッシャーを与えたのはプロとしての意地と言えるのではないでしょうか。
しかし「打てる時はとことん打ちきる」江川、5フレーム目から6連続ストライクに成功し、福田のプレッシャーをものともせずほぼ勝利は確定。さらに2投目を5・10番を残すスプリットとするも、これを見事カバー。初優勝・初タイトルに完全自力勝利の華を添えました。
次の大会参加はまだ未定とのことですが、「ハマれば大爆発が持ち味」と自ら語る江川、公認トーナメント初優勝もそう遠いことではないでしょう。また一人、プロボウリング界の未来を担う大器が頭角を現しました!

江川司
(57期 No.1400 ディノスボウル札幌麻生店 北海道出身)
使用ボール:タクティックコントロール / DV8(サンブリッジ)

2018/08/26
「2018プロボウリング男子新人戦」江川司がパーフェクト達成!

大会ページ

東京ポートボウルにて開催中のプロボウリング男子新人戦・準決勝5G目に、江川司がパーフェクトを達成しました!
予選8Gをぶっちぎりのスコアでトップ通過し、準決勝では自身初(JPBA公認1466号)のパーフェクト達成をも果たした江川、このまま首位を独走して新人戦初参戦で初優勝なるか?ご期待ください!

江川司
(57期 No.1400 ディノスボウル札幌麻生店)
使用ボール:タクティックコントロール / DV8(サンブリッジ)

2018/08/26
「2018プロボウリング男子新人戦」 HG賞表彰

大会ページ

準決勝終了後、各ゲーム毎のHG賞表彰が行われました。
予選受賞者には賞品として有限会社HMG・保険の宮越様ご提供の炊きこみご飯セットを、準決勝の受賞者には東京ポートボウル様よりスタイリングボトルが贈られました。

<予選HG賞>
写真左より
有限会社HMG・保険の宮越様代理・杉本弘孝JPBA事務局長
1G目298ピン:江川司(57期 No.1400 ディノスボウル札幌麻生店)
2G目248ピン:戸辺誠(55期 No.1372 アミューズメントシティラクゾー)
2G目248ピン:吉田翔(57期 No.1407 900グループタイヨーパークレーン)
3G目280ピン:太田快(57期 No.1413 フリー)
4G目279ピン:松田力也(56期 No.1376 株式会社グランドボウル)
写真左より
有限会社HMG・保険の宮越様代理・杉本弘孝JPBA事務局長
5G目279ピン:太田快(57期 No.1413 フリー)
5G目279ピン:橋俊彦(55期 No.1365 トドロキボウル)
6G目237ピン:吉田翔(57期 No.1407 900グループタイヨーパークレーン)
7G目267ピン:江川司(57期 No.1400 ディノスボウル札幌麻生店)
8G目257ピン:志摩竜太郎(55期 No.1368 株式会社ニューパールレーン)
<準決勝HG賞>
写真左より
1G目279ピン:森元洋行(56期 No.1381 スターレーン)
2・3・6G目:福田尊仁(57期 No.1398 児玉企業(株) パークレーン高崎)
3G目256ピン:羽賀秀和(56期 No.1377 平和島スターボウル)
4G目267ピン:原田岳(57期 No.1411 フリー)
5G目300ピン:江川司(57期 No.1400 ディノスボウル札幌麻生店)

2018/08/15
「日本ボウリング機構(JBO)」設立

8/14(火)、日本スポーツマンクラブ(東京渋谷・岸記念体育館内)にて日本ボウリング機構(JBO)設立記者発表が行われました。
我が国におけるボウリングの普及・振興を協力に推進し、「No.1国民スポーツ=ボウリング」を確立することを目的として、国内ボウリング8団体が結束し、設立しました。

共同代表(写真左から)
公益社団法人日本ボウリング場協会 中里則彦会長
公益財団法人全日本ボウリング協会 北川薫会長
公益社団法人日本プロボウリング協会 谷口健会長

日本ボウリング機構(JBO)プレスリリース PDF288KB

 
PAGE TOP
【トピックスアーカイブ 】
2020年
1 2 3 - - -
- 8 9 10 11 12
 
2019年
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
 
2018年
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12