トピックス

トピックス

2023/9/1
「ドリスタカップ 2023プロボウリング男子新人戦」終了

大会ページ

「ドリスタカップ 2023プロボウリング男子新人戦」本日2日間の日程を終了しました。ここドリームスタジアム太田での男子新人戦開催は2019年からスタートして今年で5回目、毎回進行を変更し、今回はアマチュア選手を迎えての開催となりました。
決勝 はプロアマ別、アマチュア選手は準決勝通過上位2名が優勝決定戦を闘い、プロは準決勝、ラウンドロビン後に上位3名がステップラダーに進みます。

進行は先にアマチュアの部・優勝決定戦、進出の2名は1位通過 右両手投げの渡邉 楓選手(JBC 17歳)、2位通過 左両手投げの須田風海音選手(JBC 15歳)、左右両手投げという新人戦らしい対戦となりました。
しかし両者遅くなったコンディションに苦戦、なかなかボールをポケットに集められない中でスコアメイクに苦労しながら中盤で2ピン差という状況でしたが、なんとか同じボールで合わせに行った渡邉選手が9フレ10フレでダブルを持ってきて逃げ切り、アマチュアの部優勝となりました。

続くプロの部・決勝ステップラダー進出は、1位通過 宮澤拓哉(61期 No.1445 フリー)、2位通過 坂本就馬(59期 No.1424 永山コパボウル)、3位通過 原口優馬(60期 No.1434 株式会社チョープロ)でした。
3位決定戦、坂本就馬(59期 No.1424 永山コパボウル)vs原口優馬(60期 No.1434 株式会社チョープロ)、両者ディープインサイドからの投球、しかし坂本は4フレ迄ストライクが来ず、一方の原口は2フレのスペアのみその他ストライクでスコアメイクしていきます。しかし坂本、5フレから合わせ4thとして追いついたところで原口が力んだか、9フレをスプリットしてしまいます。これで坂本が逆転、そのまま勝ち上がりとなりました。

最終優勝決定戦、宮澤拓哉(61期 No.1445 フリー)vs坂本就馬(59期 No.1424 永山コパボウル)、遅いコンディションに対してボールを飛ばすか転がすか、練習投球で念入りに吟味した宮澤、飛ばす方を選んでターキースタートを決めます。
坂本は左レーンが更に遅くなったか、ボールが手前で折れて4フレ迄ダッチマンに。しかし坂本、ボールを変えて合わせに行きます。その間、宮澤は右レーンでストライクが来なくなったところに7フレに魔がありました。ストライクが来るはずの方で厚目の7本残りをオープンに。宮澤はその後も何とか凌ぐもののストライクが決まらず、逆にボールチェンジが功を奏し8フレからターキーを持ってきた坂本が逆転、嬉しい新人戦優勝・初タイトルを勝ち取りました。
姉の坂本かや(49期 No.544 永山 コパボウル)が3年目で新人戦制覇、「僕も3年目で獲りました。」と嬉しそうに語った坂本、若手の中でも特に礼儀正しく落ち着いた立ち居振る舞いを持った選手、今後のレギュラーツアーでの活躍にご注目ください。

プロの部優勝 坂本就馬(59期 No.1424 永山コパボウル)
アマチュアの部・優勝 渡邉 楓選手(JBC・坂東ファミリーボウル)
2023/8/25
藤永北斗 公認パーフェクトゲーム達成!

大会ページ

本日最終日の「ドリスタカップ 2023プロボウリング男子新人戦」準決勝4G目29-30Lにて藤永北斗(61期 No.1443 namcoワンダーボウル南熊本店)が自身2回目の公認パーフェクトゲーム、JPBA公認 第1666号を達成しました。

藤永北斗(61期 No.1443 namcoワンダーボウル南熊本店)
達成ボール:The One Urethane / Ebonite(レジェンドスター)
2023/8/24
石田智輝 公認パーフェクトゲーム達成!

大会ページ

同じく予選7G目に第3号、21-22Lにて石田智輝(61期 No.1453 N&K co., Ltd./弘前ファミリーボウル)が自身初の公認パーフェクトゲーム、JPBA公認 第1665号を達成しました。

石田智輝(61期 No.1453 N&K co., Ltd./弘前ファミリーボウル)
達成ボール:TROUBLE MAKER / DV8(サンブリッジ)

宮澤拓哉 公認パーフェクトゲーム達成!

第2号は予選後半でした。予選7G目に9-10Lにて宮澤拓哉(61期 No.1445 フリー)が自身初の公認パーフェクトゲーム、JPBA公認 第1664号を達成しました。

宮澤拓哉(61期 No.1445 フリー))
達成ボール:Quantum EVO Response / Brunswick(サンブリッジ)

前田祐輔 公認パーフェクトゲーム達成!

本日より開催の「ドリスタカップ 2023プロボウリング男子新人戦」大会第1号です。予選1G目15-16Lにて前田祐輔(61期 No.1454 NPO法人ライフアップサポート)が自身初の公認パーフェクトゲーム、JPBA公認 第1663号を達成しました。

前田祐輔(61期 No.1454 NPO法人ライフアップサポート)
達成ボール:GEM / ROTOGRIP(ハイ・スポーツ社)

 

PAGE TOP
【トピックスアーカイブ 】
2023年
1 2 3 - 5 6
7 8 9 10 11  
2022年
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
2021年
- - 3 - 5 6
7 8 - 10 11 12
2020年
1 2 3 - - -
- 8 9 10 11 12
2019年
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
2018年
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12