公認トーナメント
承認イベント

ランキング
トーナメントシード
永久シード
プロワッペン
男子永久A級ライセンス
女子永久A級ライセンス

日本プロボウリング殿堂

【プロボウラー用】
届出用紙
トーナメントプレイヤーズ講習会
国際登録特別制度

プロボウラー専用ページ

第19回三湖コリアンカップインターナショナルボウリングトーナメント

開催要項
期 日
2017年9月17日(日)〜21日(木) ※9/17は公式練習
会 場
 
Big Bowl
1566 High Golf 2F Yeongtong-gu Dukyoungdaero Suwon-si
Gyeonggi-do KOREA
TEL.031-202-4877
主 催
DSD SAMHO株式会社
社団法人韓国プロボウリング協会(KPBA)
公益社団法人日本プロボウリング協会(JPBA)
協 賛
各社
主管運営
三湖コリアンカップ組織委員会
賞金総額
150,000,000ウォン
優勝賞金 40,000,000ウォン
出 場
<男子>
本大会 240名

(1)'17JPBAシードプロ 48名 及び永久シード1名(矢島純一)
(2)公認トーナメント優勝者シードプロ 2名(寺村文孝・工藤博充)
及びシード以外の東海OP優勝者
(3)歴代優勝者シードプロ 2名(西村了・中野和弘)
(4)前回RR進出者シード 1名(別所翼)
(5)準永久シードプロ
(6)2017プロテストトップ合格者 1名(松田力也)
(7)2016年ポイントランキング順及び
2017STスプリングシリーズ出場者
※以上JPBA枠 48名

(9)PBA
(10)KPBA男子
(11)KPBA女子
(12)主催者推薦アマチュア選手
中 継
☆youtubeにて中継動画配信中☆
https://www.youtube.com/c/bowlizm
資 料
開催要項 129KB   オイルパターン 55KB

Cleaner: Defence-C
Ratio: 7:1
Used Pin: Brunswick
Lane surface: VIA(Wilsonart)
参加プロ一覧 PDF58KB
日程&成績
9/18
予選前半6G
前半6G成績 PDF140KB
 
開会式
9/19
予選後半6G
後半6G成績 PDF177KB
9/20
準決勝トーナメント
4回戦成績 PDF161KB
9/21
最終成績 PDF308KB
大会記録
パーフェクト達成者
シン・リ・ジェーン選手
予選Aシフト6G目
ジュ・ウンスー(KPBA20期 No.K608)
公認1429号 / 予選Cシフト3G目
小林哲也(48期 No.1198)
公認1430号 / 予選Cシフト3G目
小林龍一(53期 No.1328)
公認1431号 / 予選Cシフト6G目
キム・デヒョン(KPBA14期 No.K465)
公認1432号 / 予選Bシフト10G目
チェ・ウォンヨン(KPBA14期 No.K484)
公認1433号 / 予選Dシフト8G目
ジョン・スンジュ(KPBA17期 No.K552)
公認1434号 / 予選Dシフト9G目
リー・クッヒョン(KPBA22期 No.K679)
公認1435号 / 予選Dシフト10G目
ジョン・スンジュ(KPBA17期 No.K552)
公認1436号 / 予選Dシフト12G目
ジョン・クワンヒー(KPBA6期 No.K271)
公認1437号 / 準決勝トーナメント1回戦1G目
ユ・ジェホ(KPBA16期 No.K533)
公認1438号 / 準決勝トーナメント3回戦1G目
アン・ジュンサン(KPBA14期 No.K486)
公認1439号 / 準決勝トーナメント4回戦4G目
 
800シリーズ達成者
ジュ・ウンスー(KPBA20期 No.K608)
公認285号 / 予選Cシフト第1シリーズ
小林龍一(53期 No.1328)
公認286号 / 予選Cシフト第2シリーズ
 
7-10スプリットメイド達成者
シン・ホンジン(KPBA21期 No.K645)
公認141号 / 予選Dシフト12G・10フレーム2投目
決勝ステップラダー進出者
1位進出
ユ・ジェホ
2位進出
アン・ジュンサン
3位進出
イー・スンソブ
4位進出
クリス・バーンズ
 
 
【 優勝 ユ・ジェホ!】
念願の優勝トロフィーを高々と掲げる
ユ・ジェホ(K16期 No.K533 フリー)
優勝ボール:シュア・ロック / ストーム

★第19回三湖コリアンカップ KPBAユ・ジェホ、プロ入り7年目の初優勝!

KPBA、JPBAはもとより、PBAのトッププロやシンガポール・マレーシアのナショナルチームが参戦し、国際色豊かな大会となった今年の三湖コリアンカップ。パーフェクトは12個、800シリーズ2つ、7-10スプリットメイドも達成され、賑やかな上にもハイレベルな戦いが繰り広げられました。
2日にわたって予選12Gが行われ、準決勝からは一対一のガチンコ勝負に突入。JPBAからも13名が準決勝トーナメントに進出致しましたが、3回戦まで勝ち上がったのは加藤 祐哉のみとなってしまい、その加藤も健闘及ばず3回戦で敗退し、ここでJPBA勢が姿を消してしまいます。
3G先取の3・4回戦を勝ち抜き、ファイナルステージには川添 奨太や加藤を下したアン・ジュンサン、来日経験もあるイー・スンソブ、プロ入り7年目で初のTV決勝進出となったユ・ジェホ、そしてPBA最後の砦となったクリス・バーンズが進出。全員で1Gを投球し、スコア最下位の選手が脱落するイリミネーター式による決勝戦でKPBAとPBAが激突します。
しかし4位決定戦でバーンズだけがダブル以上ストライクを繋げられず脱落するという予想外の展開に。さらにKPBAのみとなった3位決定戦、イーとアン、ユの3名の中でただ一人タイトルホルダーであるイーがオープンフレーム以降ストライクが一つしか取れないという大苦戦の末に脱落し、アンとユの両者とも初優勝がかかった優勝決定戦となりました。
しかしプロ入りから7年目で今回が初の決勝進出というユ・ジェホと、昨年のコリアンカップでも5位タイの成績を残し、シードプロでもあるアン・ジュンサンの顔合わせでは、優勝はアンであろうという見方が大勢を占めましたが、両者とも4フレーム連続スペアによる滑り出しとなりペースは互角。5フレーム目からようやくストライクが決まるようになりましたが、アンが先にストライクを切れさせ、ユがターキーまで繋ぎます。これでユがリードを取ったかと思われたところ、続く8フレーム目でまさかのスペアミス。
この隙に差を広げたいアンでしたが、勝負どころの8・9フレームとも7番ピンに嫌われてしまいストライクならず。それでも意地のパンチアウトでユにプレッシャーを与えましたが、ユは8フレーム目のオープン、アンのパンチアウトにも屈せず、9フレーム目からのオールウェーに成功。
世界のトッププロ・アマを相手に、今大会のダークホース、ユ・ジェホが見事初優勝・初タイトルをこの大舞台で掴み取りました!

 
PAGE TOP