公益社団法人日本プロボウリング協会
お問合せ サイトマップ
Home
スケジュール
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
ランキング
シードプロ
プロワッペン
男子永久A級ライセンス
女子永久A級ライセンス
参加者募集中

第41回JLBCクイーンズオープンプリンスカップ

開催要項
期 日
2018年12月5日(水)〜8日(土)
会 場
品川プリンスホテルボウリングセンター
(BW80L 合成レーン) 
〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
TEL:03-3440-1116
FAX:03-5421-7877
主 催
ジャパンレディースボウリングクラブ
後 援
品川プリンスホテルスポーツニッポン新聞社
協 賛
大塚製薬株式会社(株)フジ・アウトソーシング
他各社
賞金総額
6,000,000円(優勝賞金1,500,000円) 
☆パーフェクト賞:決勝トーナメント1回戦〜準決勝 1本に付き5万円
(提供:品川プリンスホテル)
:優勝決定戦 50万円(提供:  〃  )
プロアマ本大会〜決勝 SPH300(美容液)(提供:(株)あさひ)
入場料
・2日間通し券 1,500円
・1日券 1,000円
※JLBC会員・サポート会員・中学生以下無料
その他
・プロ+アマ開催要項PDF/103KB
・参加プロ一覧PDF/128KB ※12/5更新
・参加申込用紙 アマチュアPDF/80KB/プロPDF/65KB



<プロ>
2018年下半期出場有資格者155名+推薦選手(5名)

<アマチュア>
フリーエントリー
日程&成績
12/5
・アマ選抜大会第1・第2シフト6G
12/6
・アマ選抜大会第3シフト6G
・前夜祭
・アマ選抜大会6GPDF/144KB
12/7
・予選8GPDF/194KB
・開会式
・予選レーン移動表PDF/136KB
12/8
・最終成績PDF/276KB
 
大会記録
パーフェクト達成者
浦野 実紅 選手
アマチュア選抜大会第3シフト4G目

No Photo


川ア 由意(48期・No.533)
公認286号/予選Aシフト2G目

姫路 麗(33期・No.352)
公認287号/予選Bシフト2G目

大嶋 有香(49期・No.545)
公認288号/決勝トーナメント5回戦1G目

800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
【 優勝 大嶋有香!】

パーフェクト達成の勢い衰えぬまま初優勝を掴んだ!
大嶋 有香
(49期・No.545 所属:スターレーン 出身:埼玉県)
(優勝ボール:ハンマー社(レジェンドスター) ウェブツアーエディション)

 

第41回JLBCクイーンズオープンプリンスカップ 大嶋 有香、待ち望んだ初優勝・初タイトル!

故・須田開代子氏が設立し、プロアマ問わず名だたる女子ボウラー達が守り育ててきたジャパンレディースボウリングクラブ(JLBC)最大の大会、JLBCクイーンズオープンプリンスカップ。

予選8Gに続いて須田開代子ゾーン・中山律子ゾーンに分かれて行われる決勝トーナメントでは、三冠女王を視野に入れた姫路 麗VS堂元 美佐の実力派対決や、名和 秋VS鈴木 亜季の6ピン差の攻防戦、今季プロ入りのルーキー、チョン・ヨンヒャンのベスト8入りなど、今年も数々の名勝負が生まれました。
そんな熱戦を勝ち抜いて準決勝の場に立ったのは、山田 幸、霜出 佳奈、坂本 かやら若手実力派を続々撃破した上にベテランの時本美津子を相手にパーフェクトを達成した大嶋 有香、そして内藤真裕実・松永 裕美・吉川 朋絵。押しも押されぬ絶対女王・松永と、全日本女子タイトルホルダーを持つ吉川に、ノータイトルなれどいつ初優勝となっても不思議のない大嶋と内藤。十分な見応えが期待される4名での激突は、滑り出しからまさに火花散るストライク合戦となりました。

まず序盤、1フレーム目から6連続ストライクを決めて吉川がリードし、その後を追う大嶋と内藤がワンマーク差。3フレーム目からストライクが続かない松永が更にその後を追いかける展開となり、吉川がこのまま一抜けするかと思われましたが、7フレーム目をオープンにしたことで差を詰められます。

さらに吉川は終盤、8フレーム目以外はストライクが決まらず、ノーミスを守る松永と内藤、7フレーム目からストライクを繋げる大嶋がじりじりと追い上げるなか、10フレーム目を再びオープンにしてしまった吉川は223ピンで終了。7フレーム目からターキーを決めた松永は225ピンで終わり、まず吉川の脱落が決定します。
ついで7フレーム目からの5連続ストライクに成功した大嶋の一抜けが確定。

内藤は10フレーム目でダブルを決めて231ピンとなり、松永から6ピン差で逃げ切り、大嶋との優勝決定戦に進みます。
それにつけても6連続ストライクを決めてのトップから4位まで転落するという、最後まで何が起こるかわからないボウリングの怖さを、まざまざと見せつけた準決勝となりました。

48期生・内藤、49期生・大嶋の、どちらが勝っても初優勝となる優勝決定戦は、内藤がストライク、大嶋がスペアからスタート。しかし内藤は変化するレーンに対応が遅れ、2フレーム目から我慢を強いられます。

一方大嶋も1、2フレームとスペアが続きましたが、「どうしよう、じゃなくてこうしよう」の前向きな姿勢でボールをチェンジ。投げるべきラインは掴んでおり、後はそこへ投げるだけと自分を鼓舞しながら、そして仲の良い先輩でもある内藤の胸を借りるつもりで伸び伸びと投球する大嶋は一つ、また一つとストライクを重ねて2フレーム目から4連続に成功し、リードを広げます。

ゲーム終盤に差し掛かった7フレーム目は両者スペア、そこからダブルと続きますが、3マーク差は内藤に大きく立ち塞がります。10フレーム1投目、大嶋は7番ピンタップの9本カウント。内藤はオールウェーを決めてさらに大嶋のミスを待たなければならない苦しい状況のなか、投げた1投目は無情にもテンピンタップで勝敗が確定しました。

昨年の大会で3位に終わった雪辱を果たし、大きな忘れ物を取り戻した大嶋、笑顔花咲く初タイトル、初優勝となりました!

優勝副賞
大塚製薬(株)様ご提供
オロナミンC&ポカリスエットイオンウォーター
(株)フジアウトソーシング様ご提供
ヘアーウィッグ
(株)S・S・I様ご提供
仙生露 エキスロイヤル
保険の宮越様ご提供
炊き込みご飯
品川プリンスホテル様ご提供
ホテル宿泊券1泊2食付
 
<ベストアマ>
総合16位入賞でベストアマ獲得!
関矢直美 選手
(東京・葛西とうきゅうボウル)
アマチュア表彰