TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
承認イベント
参加者募集中
過去の承認イベント
≡≡ 第26回中国新聞杯広島オープンボウリングトーナメント ≡≡
※JPBA承認大会※

開催要項
期 日
2018年11月17日(土)〜18日(日)
会 場
ミスズボウル
(BW 40L 合成レーン)
〒731-5124 広島県広島市佐伯区皆賀4-19-6
TEL:082-922-5161
FAX:082-922-5132
主 催
中国新聞社/広島県ボウリング場協会
後 援
公益財団法人広島県体育協会/広島県ボウリング連盟
広島県ボウラーズ連盟/全国実業団ボウリング連盟広島支部
協 力
公益社団法人日本プロボウリング協会/広島テレビ放送ミスズボウル
特別協賛
コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社
主 管

広島オープンボウリングトーナメント実行委員会

その他
・開催要項PDF/529KB


<参加人数>
男子 108名(プロ36名)
女子 72名(プロ36名)


第18回大会   ・第23回大会
第19回大会   ・第24回大会

第20回大会   ・第25回大会
第21回大会
第22回大会
日程&成績
11/17
・開会式
・男女予選8G
11/18
・男女準決勝6G
・男女決勝シュートアウト
・最終成績PDF/293KB
Photograph

★承認大会・第26回中国新聞杯広島オープン 男子・坂田 重徳、女子・堂元 美佐 優勝!

 11/17(土)・18(日)の2日間にわたり、承認大会・第26回中国新聞杯広島オープンがミスズボウルにて開催されました。
 予選8G・準決勝6Gを投げて上位8名が決勝シュートアウト進出となるなか、男女ともプロアマ問わず指折りの強豪が出揃いました。
 男子の部では坂田 重徳がトップシードで通過。坂田への挑戦権を賭けてのシュートアウトを勝ち上がった谷合 貴志との優勝決定戦へ。
 両者ともバチバチのストライク合戦を繰り広げましたが、2フレーム目から6連続ストライクに成功した坂田が9フレーム目でイージーミスでオープンフレームとするも、谷合にワンマーク差で逃げ切り、大会3勝目となりました。

 女子の部では堂元 美佐がトップシードで優勝決定戦へ進出。先日のROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP 2018グランドチャンピオンシップ大会で女子レギュラー部門を制覇した泉宗 心音 選手と対戦しました。
 中盤にターキーを決めて以降はストライクが決まらない泉宗選手に対し、堂元は3フレーム目から7連続ストライクに成功。60ピン以上の大差をつけて、堂元が圧勝しました。



写真左より
女子ベストアマ:
泉宗 心音選手
女子の部優勝:
堂元 美佐(35期・No.369 所属:D-ROADW/ハイ・スポーツ社)
男子の部優勝:
坂田 重徳(23期・No.521 所属:ラウンドワン&アサヒボウリングサービス)
男子ベストアマ:
梶原 日呂志 選手




Copyright (C) 2002-2018 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。