TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
TOPトーナメント>第30回全日本ミックスダブルスオープンボウリング

≡≡ CBC杯 第30回全日本ミックスダブルスオープンボウリング ≡≡

開催要項
期 日
2009年8月6日(木)〜8月9日(日)
会 場
星ヶ丘ボウル
(GS-10 1フロア60L ウッドレーン )
〒464-0802 愛知県名古屋市千種区星が丘元町16-45
TEL:052-781-5656
FAX:052-781-5663
主 催
中部日本放送日本ボウリング場協会
後 援
中日新聞中日スポーツ
協 力
東海ボウリング場協会/愛知県ボウラーズ連盟/株式会社星ヶ丘ボウル
主 管
全日本ミックスダブルス実行委員会
賞金総額
15,000,000円 (優勝賞金4,000,000円)

☆チームパーフェクト賞:5,000,000円(提供:星ケ丘ボウル)
☆チーム550アップ賞: 500,000円(提供:星ケ丘ボウル)
(複数チームの場合は均等割り。該当チームが無い場合は、ハイゲームのチームに特別賞として100,000円を進呈。但し表彰時に不在の場合は割愛し、繰り下げはしない)
☆パーフェクト賞 男子:50,000円(提供:コカ・コーラセントラルジャパン)
(但し20万円上限にて4ヶまで5万円、5ヶ以上の場合は均等割り)
☆パーフェクト賞 女子:50,000円(提供:東海ペプシコーラ販売)
  (但し10万円上限にて2ヶまで5万円、3ヶ以上の場合は均等割り)
  ※男女とも、予選〜決勝ダブルイルミネーション5回戦・敗戦6回戦まで対象。
☆テレビ決勝パーフェクト賞・優勝決定戦:10,000,000円(提供:サンブリッジグループ)
☆        〃       ・3位・4位決定戦:3,000,000円(提供:      〃      )
☆ベストドレッサー賞:プロチーム・アマチーム各表彰(提供:アーク・インターナショナル)
 ※予選前半対象予定
入場料
前売券(4日間通し)2,000円※中学生以下無料 
1日券(当日限り) 1,500円※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/118KB
・参加選手一覧PDF/105KB
 ※7/27更新

<プロ>
85チーム(80チーム+主催者推薦4チーム+前年優勝チーム)
招待:第29回優勝チーム 小山幸恵&小山雅之
※エントリー数が80チームを越えた場合は、JPBA規定トーナメント出場優先順位順とする。
(昨年'08Pランキングの男女獲得ポイントの合計ポイントにより決定)

<アマ>
169チーム
※前年度ベストアマチーム含む
過去成績
2006年第27回大会
2007年第28回大会
2008年第29回大会
▲▲▲


会場インフォメーション
交通アクセス
<最寄り駅>
地下鉄:東山線「星ヶ丘駅」下車 徒歩5分

<車>
名古屋インター・東名阪上社インターより市内に向かって約3km
三越名古屋カンパニー星ヶ丘店を左へ

詳しくはこちらへ
▲▲▲


日程&成績
8/6
・アマ選抜大会前半5GPDF/204KB
・プロ選抜大会前半5GPDF/113KB
・開会式
8/7
・アマ選抜大会後半5GPDF/217KB
・プロ選抜大会後半5GPDF/118KB
8/8
・予選8GPDF/150KB
パーフェクト達成三池 丹揮(22期・No.506)・予選2G目/公認1039号
・準決勝3GPDF/110KB
チーム550アップ賞達成藤田 麻衣(35期・No.371)&日置 秀一(43期・No.1050)・準決勝3G目
8/9
・最終成績PDF/302KB
パーフェクト達成土谷 翼(44期・No.1081)・決勝ダブルイルミネーション二回戦/公認1040号
チーム550アップ賞達成小山 幸恵(36期・No.381)&小山 雅之(19期・No.468)・決勝ダブルイルミネーション二回戦



【 WINNER 姫路 麗&和田 秀和 !! 】

姫路 麗
(33期・No.352 右投げ 所属:フタバボウル 出身:大阪府)

(優勝ボール:コロンビア社(ABS) フルスウィング)

和田 秀和
(48期・No.1190 右投げ 所属:フリー 出身:大阪府)

(優勝ボール:ハンマー社(レジェンドスター) ブラックウィドーキラー)


「先輩男子プロのお陰でトーナメントデビューはミックスダブルスだった」姫路、
その恩返しにと新人の和田とタッグを組んで臨んだ節目の30回大会で
ディフェンディングチャンピオンを倒しての大会初優勝!

▲▲▲






Copyright (C) 2002-2018 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。