TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス











JPBA正会員の補助・援助器具 使用規制に関してのお知らせ





2018/10/9〜10/15

JPBAシーズントライアル2018 オータムシリーズ

◆C会場(MKボウル上賀茂)最終成績PDF/211KB
◆D会場(ミスズボウル)最終成績PDF/219KB
◆A会場(ドリームスタジアム太田)最終成績PDF/217KB
◆B会場(相模原パークレーンズ)最終成績PDF/229KB


開催要項レーンコンディション表参加申込状況10/4午後2時現在
2018/1/30〜11/10※JPBA決勝大会10/26〜27・三団体グランドチャンピオン大会11/10

ROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING 2018

◇JPBA決勝大会 各部門出場プロ9/5現在PDF/181KB


◆JPBA選抜大会成績◆
A会場PDF/280KB・B会場PDF/359KB・C会場PDF/267KB・D会場PDF/220KB
E会場PDF/267KB・F会場PDF/273KB・G会場PDF/255KB・H会場PDF/265KB
I会場PDF/275KB・J会場PDF/268KB


JPBA選抜大会開催要項+参加申込用紙レーンコンディション表

JPBA選抜大会参加申込状況8/27午後4時現在

JPBA決勝大会開催要項レーンコンディション表(決勝大会・グランドチャンピオン大会)
!決勝大会用レーンコンディションは9/1よりラウンドワン全店にて体験できます!



※アマチュア予選会の日程はラウンドワン、JBC・NBF各団体のホームページにてご確認ください。
【NBF】https://grandchamp.nbfgr.jp/
【JBC】http://www.jbc-bowling.or.jp/gcb/
【ラウンドワン】http://www.round1.co.jp/service/bowling/grandchamp/index.html
2019年公認トーナメント開催決定!

上記バナーから大会ページへジャンプします
第41回STORMジャパンオープンボウリング選手権
チームリスト+シフト表
※10/12更新

男子プロが含まれるチーム AシフトBシフト
男子アマチュアチーム AシフトBシフト

女子チーム プロが含まれるチームアマチュアチーム
※スポンサー推薦としてKPBAキム・スルギ(K2期)プロがオールエべンツ部門に出場します。

ウェイティング


◇ジュニア大会要項+申込用紙PDF/77KB

<ご観戦の皆様へお願いPDF/61KB>





2018専門講習会PartU開催のお知らせ





2018/10/16

承認大会・第4回 Hiromi Matsunaga invitational Pro-am Tournament
 プロの部優勝 前田 充彦!


 台風の為に開始時間を遅らせるという影響はあったものの、今年も承認大会・第4回 Hiromi Matsunaga invitational Pro-am Tournamentが無事開催されました。
 九州・北地区所属のプロをはじめ、全国から駆けつけたアマチュア選手も多く参加し、お祭りのように賑やかな大会となりましたが、ゲーム中はどの選手も真剣そのもの。レベルの高い戦いが繰り広げられました。
 予選6G・準決勝6Gを投げて決勝ステップラダーにはプロの部、アマチュアの部ともに上位5名が進出。プロの部では2位通過の儀間 義博中村 太亮を下してトップシードの前田 充彦との優勝決定戦となりましたが、儀間がここで調子を落とし、前田が40ピン以上の差を付けて勝利。
 またアマチュアの部ではトップシードの溝田 月輝 選手がジュニアながらも274ピンのハイスコアを叩き出し、2位通過の梶原 博 選手を下しました。
詳しい成績につきましては大会ページよりご確認下さい。

準決勝からエンジン全開、大会初制覇!
前田 充彦
(52期・No.1298 所属:ユーズボウル久留米)
2018/10/15

JPBAシーズントライアル2018オータムシリーズ 全会場終了のご報告

  本日B会場(相模原パークレーンズ)にてJPBAシーズントライアル2018オータムシリーズが開催され、全4会場が終了となりました。
 今大会はC会場(MKボウル上賀茂)で優勝した和田 秀和、A会場(ドリームスタジアム太田)で優勝した小林 哲也が48期生、B会場優勝の三浦 啓寛とパーフェクト達成の齋藤 剛一が52期生、D会場(ミスズボウル)優勝の淵 常志、パーフェクト達成の水本 有希今瀧 賢らが53期生。さらにB会場でパーフェクトを達成した堀江 真一加藤 祐哉が同じ43期生と、会場は違えど同期のプロ達が活躍を見せるという不思議な因縁がありました。
 各会場の優勝者、記録達成者は以下の通りです。 

優勝者
【A会場優勝 小林 哲也】

48期・No.1198
所属:ラウンドワン/サンブリッジ
左投げ


【B会場優勝 三浦 啓寛】
52期・No.1292
所属:新東京ダイヤモンドボウル

右投げ


【C会場優勝 和田 秀和】

48期・No.1190
所属:ボウルアロー八尾/ABS
右投げ
【D会場優勝 淵 常志】

53期・No.1331
所属:T-MAX BOWL/ハイ・スポーツ社
右投げ
記録達成者


C会場にて自身2回目(JPBA公認1479号)のパーフェクト達成!
水本 有希
(53期・No.1338 所属:ボウルアロー松原店)



C会場にて自身初(JPBA公認1480号)のパーフェクト達成!
ヤン・ヒョンギュ
(54期・No.1347 所属:フリー)



A会場にて自身初(JPBA公認1481号)のパーフェクト達成!
齋藤 剛一
(52期・No.1304 所属:ラウンドワン)



A会場にてこちらも自身初(JPBA公認1482号)のパーフェクト達成!
今瀧 賢
(53期・No.1337 所属:ムサシボウル)



B会場にて自身2回目(JPBA公認1483号)のパーフェクト達成!
堀江 真一
(43期・No.1077 所属:厚木ツマダボウル/ABS)



B会場にて自身3回目(JPBA公認1484号)のパーフェクト達成!
加藤 祐哉
(43期・No.1066 所属:スポルト横須賀)










法人賛助会員
筑波乳業株式会社
えどっと
北小金ボウル

JPBAは法人・個人賛助会員を募集しています




関連リンク




Copyright (C) 2002-2018 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。