TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
過去のトピックス
メニュー
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2018年5月


2018/05/27
  『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメント
 霜出 佳奈、母に贈る涙の初優勝・初タイトル!



感涙おさまらぬなか、花束贈呈のジュニアたちと
霜出 佳奈
(50期・No.559 所属:フリー 出身:千葉県)

(優勝ボール:ブランズウィック社(サンブリッジ) マスターマインドゼロ)

 手に汗握る勝負の末に一足先に初優勝を果たした斉藤をして、「あんな痺れる優勝決定戦」と言わしめた名勝負を繰り広げたのは、こちらも初優勝を賭けた者同士、西澤 琴子、そして霜出 佳奈でした。
 予選Aシフトでは姫路 麗がトップに立ち、霜出は2番手に。Bシフトは大根谷 愛がトップ、松永 裕美が2位で通過しましたが、準決勝で大根谷がスコアを落とし、男子Aシフトの小森と同じように決勝進出圏内から脱落してしまいます。
 そこへ西澤が予選での貯金を活かして浮上。Bシフト2位につけて松永、姫路、霜出に続いて決勝シュートアウト進出を果たします。
 姫路と松永、押しも押されぬ女王達と、プロ入り3年目の西澤と2年目の霜出。双璧の女王VSルーキーの戦いとなったセミファイナル、序盤は2フレーム目で痛恨の7-10スプリットを出してしまった松永が一歩出遅れ、2・3フレーム目でダブルを打った姫路がリード、その後をダッチマン状態の西澤、霜出が追う展開に。
 中盤になると姫路にストライクが決まらず、西澤と霜出がターキーを決めて姫路を追い落とし、さらに松永が4連続ストライクを決めて二人を追うという、文字通りの混戦状態となりましたが、終盤で西澤が8フレーム目から、霜出も9フレーム目からオールウェーに成功して女王二人を撃破。
 しかしワンミスで出遅れながらも中盤からストライクラッシュで若手を脅かした松永、そして最初のダブル以降ストライクがまったく決まらないながらもノーミスを守り、最後には3・4・6・7番という難しいスプリットをカバーして観客を沸かせた姫路も、女王の呼び名に恥ずかしくないプレーを見せてくれました。
 西澤と霜出、こちらもまた男子と同じく初優勝を賭けた者同士の対戦は、滑り出しはスペア、ストライクと互角。
 中盤では今大会の直前に開催された承認大会に参加し、沖縄の空気に慣れていた西澤が、力強いストライクを繋げてリードを取る一方、霜出は我慢のボウリングを強いられ、スリーマークもの差が開いてしまいました。
 しかし大会最終日の今日、5/27が母の誕生日だったという霜出、今日は何としても優勝し、母への誕生日プレゼントにするのだと強い意思を持ってこの苦境に立ち向かいます。
 力むとテンピンが飛ばなくなる、それならば力まずに狙ったところにボールを落とすことに集中し、あとはボールが助けてくれると信じて投げた7フレーム目、ここから霜出の逆襲が始まりました。
 プロ入り2年目ですでにシルバーコレクターと呼ばれるほど、いつでも優勝できるだけの実力を持ちながら、あと一歩に泣いてきた霜出。周囲からも次は優勝できるよと励まされ、次は頑張りますと答えながら2位に終わった口惜しさを晴らす初優勝を果たすのは、母の誕生日当日である今日しかない。
 先を行く西澤との差がどれだけあろうと、絶対に最後まで諦めない、諦めている場合じゃないと自分を奮い立たせます。
 そんな霜出の想いが天に通じたか、9フレーム目で西澤のストライクが途切れ、西澤がパンチアウトを決めれば霜出がオールウェーしても届かず、逆に言えば西澤はパンチアウトしなければ霜出に逆転優勝の目が出る、文字通りストライクが途切れた方が負ける10フレ勝負に西澤、霜出ともに追い込まれました。
 場内が一層静まりかえるなか、1投目は両者ともにストライク。先に投げる霜出が2投目もストライクを決めたことがプレッシャーになったか、西澤の2投目は厚めに入ってしまい、9番ピンを残す9本カウント。西澤がこれをカバーすればMAX236ピンとなり、霜出の3投目が9本カウントなら同点。ストライクなら7フレーム目からのオールウェーで西澤を待たずして優勝が確定するという状況で、霜出がみごとストライク。
 中学生の時に父を亡くして以来、女手一つで育ててくれたというお母さんへ、劇的な大逆転勝利のリボンをかけて、初優勝という最高のプレゼントを贈ることが出来た霜出。シルバーコレクターを返上し、トッププロへの扉を開きました!



総合26位でベストアマ獲得!
古堅 葉月 選手
(沖縄県選抜・北谷ボウル)
 
  『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメント
 斉藤 祐哉、第二のふるさと?沖縄で笑顔の初優勝!



セブンティーンアイス杯恒例、勝利のアイスのお味はいかが?
斉藤 祐哉
(49期・No.1233 所属:桜ヶ丘ボウリングセンター 出身:神奈川県)

(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) ドラスティック フュージョン・パープル)

 9年ぶりの公認トーナメント開催で沖縄を挙げての歓迎を受け、プロアマ問わず選手達も気合い十分で臨んだ『グリコセブンティーンアイス杯』が本日終了致しました。
 男子予選では沖縄県選抜を通過した強豪アマチュアが大活躍するなか、先にお伝えしたように800シリーズを達成した小森 清人、驚異の248AVGを叩き出した川添 奨太が各シフトトップで通過。
 続く準決勝にて、Aシフトでは小森が調子を落として脱落し、斉藤 祐哉日置 秀一が順位を一つずつ上げて決勝シュートアウト進出枠を確保します。
 Bシフトでは地元アマチュアの活躍に負けられないとばかりに、沖縄在住の市川 佑一が川添をまくり、総合トップで決勝へ進出。市川、斉藤、川添、日置の4名が出揃い、頂上決戦へと駒を進めました。
 和やかな雰囲気のなかで行われたグリコセブンティーンアイス杯恒例の親子エキシビションマッチを終え、場内の空気は一転。緊張感みなぎる静けさの中、決勝シュートアウト・セミファイナル、まずは4人での1ゲームマッチが行われます。
 序盤の横並び状態からまず抜け出したのは斉藤でした。3フレーム目からストライクを繋げ、7連続ストライクに成功し、優勝決定戦へ一番乗りを果たします。
 日置と市川がそれぞれカバーミスでひとつオープンフレームとし、さらに日置、市川ともストライクが繋がらず、ダブル以上は繋がらないものの手堅くノーミスを守る川添がリード。斉藤に続いて二抜けするかと思われたところ、市川が終盤に4連続ストライクに成功して再び川添をまくり、そのまま優勝決定戦へと逃げ切りました。
 市川と斉藤、どちらが勝っても初優勝・初タイトルの対戦は、滑り出しからターキーを決めた市川が斉藤に対してワンマークリードを取ります。
 しかし「これまではいつもプレッシャーから自滅していたけど、特に緊張はしなかった」と語った斉藤、逆に「地元沖縄の声援を背負う市川の方が緊張するはず」と考える余裕もあり、そしてその読み通り、市川が続く4フレーム目でイージーミスをしてしまいます。
 中盤、斉藤はストライクが来ないもののスプリットも見事カバーして差を広げさせず、市川が8・9フレームでダブルを持ってくると、斉藤も勝負どころの9フレーム目にストライクを持って来て、10フレ勝負にもつれ込みました。
 10フレーム1投目を先に投げる市川は、自力優勝の為にはストライクが欲しいところでしたが、7番ピンがタップしてしまい、9本カウントに。ここで斉藤は市川にプレッシャーをかけるべく、ボールチェンジで勝負に出たところ、見事ストライクに。
 そんな斉藤に気圧されたか、なんと市川が2投目、内に引っ張ってしまいこの7番ピンをミス。204ピンで終了となり、斉藤のミスを待つしかない状況に追い込まれてしまいます。
 しかし勢いを得た斉藤が勝敗の分け目となる2投目をミスする筈もなく、またもストライクを決めて勝利を確定させました。
 弟・斉藤 琢哉に先を越されても気負わず、焦らず、マイペースで自分を鍛えてきた斉藤。愛妻の出身地であり、第二のふるさととも言うべきこの沖縄で、嬉しい初優勝を挙げました!



総合6位で堂々ベストアマ獲得!
村濱 裕紀 選手
(沖縄県選抜・名桜ボウル)
 
2018/05/26
  『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメント
 小森 清人、800シリーズ達成!


 本日よりいよいよ開催となりました『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメントにて、小森 清人が大会第1号の800シリーズを達成しました!
 予選Aシフト第1シリーズ(1〜3G目)で249・278・278計805ピンを打ち、自身初(JPBA公認291号)の記録を達成した小森、ロケットスタートでAシフト首位をキープし、予選突破一番乗りを果たしました!



惜しくもパーフェクトと同時達成はならず
小森 清人
(49期・No.1225 所属:フリー)

(使用ボール:ストーム社(ハイ・スポーツ社) IQツアーエディション)
 
  『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメント
 開会式も盛り上がりました!



選手宣誓
座波 政斗 選手と許田 美佳 選手

 本日、予選Aシフト終了後に開会式が行われました。
 オープニングでは鼓衆・若太陽の皆様によるダイナミックなエイサーが披露され、ご挨拶を頂いた後は今大会がデビュー戦となる新人プロ・男女5名が観客の皆様にご挨拶致しました。

 選手宣誓ではジュニアながらも沖縄選抜をスクラッチスコアで勝ち抜いた座波 政斗 選手と許田 美佳 選手が登場。お二人には介添えの三冠王・三冠女王からサイン入りのハートボードがプレゼントされました。
 そして今年殿堂入りを果たした時本美津子に、JPBA沖縄地区長の下地賀寿守より記念特別賞の額が贈られ、感極まった時本が涙を見せる場面も。
 最後はファンサービスタイムへ突入。サインや写真撮影で和やかなひとときを過ごし、沖縄の温かい歓迎を受けました。



城間 幹子 那覇市市長に
ご臨席頂き、ご挨拶を頂きました



ファンサービスタイムも大盛り上がり
 
2018/05/25
  『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメント
 表敬訪問のご報告



沖縄の玄関口・那覇空港にて
歓迎の看板が大会の気分を盛り上げてくれます

 明日より開催となる『グリコセブンティーンアイス杯』第6回プロアマボウリングトーナメントを控え、本日、関係各所へ表敬訪問に伺いました。
 沖縄県ボウリング場協会・米須 義明 会長、比嘉 輝久 事務局長とともに、JPBA谷口 健 会長がまずは今大会を放映してくださる沖縄テレビ放送へ訪問。町田 宗浩 会長、久保田憲二社長、赤嶺 秀喜 常務とお会いして、ボウリングの魅力を語りました。

沖縄テレビ放送にて
町田 宗浩 会長(右)、久保田 憲二 社長(中)
赤嶺 秀喜 常務(左)と会談






 次に那覇市役所へ向かい、知念 覚 副市長や那覇市教育委員会の皆様と会談。スポーツ談義に花を咲かせ、最後に沖縄県庁にて富川 盛武 副知事とお会いしました。
 2009年以来9年ぶりとなる沖縄での公認トーナメント開催に、お忙しいなかお時間を割いてくださった皆様には大変なご期待を寄せて頂きました。選手はもちろん関係者一同、大会を盛り上げるべく頑張ります!

那覇市役所にて、知念 覚 副市長と







沖縄県庁にて
沖縄県ボウリング場協会・米須 義明 会長
富川 盛武 副知事
JPBA・谷口 健 会長
沖縄県ボウリング場協会・比嘉 輝久 事務局長
 
2018/05/23
  JPBAシーズントライアル2018 スプリングシリーズ 全会場終了のご報告

 昨日、22日(火)のA会場新狭山グランドボウル及びD会場神戸スカイレーンをもちまして、シーズントライアルスプリングシリーズが終了致しました。
 19日(土)に誕生したばかりの男子57期生にとってデビュー戦となった今回は、先輩プロ達が手本を見せてやるとばかりに奮闘しました。特にA会場で優勝した高橋 延明は予選を48位、準決勝を8位で通過と各ステージごとに最下位通過だったにも関わらず、居並ぶ後輩プロをごぼう抜き、優勝決定戦では苦戦する永野すばるを相手になんと70ピン以上の大差で勝利。場内を大いに沸かせました。
 各会場優勝者は下記を、成績の詳細については大会ページをご確認下さい。


優勝者
【A会場優勝 高橋 延明】

23期・No.514
所属:高尾スターレーン
右投げ


【B会場優勝 小原 照之】

32期・No.761
所属:スターレーン/サウンドフラワー
左投げ


【C会場優勝 橋 俊彦】

55期・No.1365
所属:小牧国際ボウル
右投げ
【D会場優勝 添田 道彦】

51期・No.1273
所属:パニックボウル堺
右投げ
記録達成者


B会場にて自身2回目(JPBA公認1457号)のパーフェクト達成!
谷合 貴志
(52期・No.1289 所属:(株)日本ケアクォリティ/(有)ユウキシステムサービス)
 
  承認大会・第11回スマイルフィールド。カップ 佐藤 晃一 選手が優勝!

 5/19(土)・20(日)の2日間にわたり、承認大会・第11回スマイルフィールド。カップが開催され、アマチュアの佐藤 晃一 選手が優勝されました。
 予選6Gを投げて、上位25名が決勝シュートアウトへ進出。アマチュア選手達の勢いに圧倒されたか、プロ最後の砦となったホストプロの松浦 和彦も4回戦で敗退。優勝決定戦は佐藤選手と清原 康信 選手によるアマチュア対決となり、佐藤選手がツーマーク差で清原選手を下して優勝となりました。
 詳しい成績につきましては大会ページよりご確認ください。 


写真左から
優勝:佐藤 晃一 選手
2位:清原 康信 選手
3位:
松浦 和彦(56期・No.1392 所属:スマイルフィールド。)
4位:
佐藤 俊之 選手
5位:
上村 ヨシオ 選手
6位:
石井 秋男 選手
 
2018/05/20
  承認大会・2018沖縄オープンサラダカップ  堀内 綾が大会初制覇!

 雨の予報を覆して晴れ渡る青い空のもと、今年も沖縄オープンサラダカップの熱戦が繰り広げられました。
 お祭り騒ぎの前夜祭から一転、プロアマ問わず真剣な表情で予選・準決勝を投げ、上位8名が決勝シュートアウトに進出。プロの部では堀内 綾板倉奈智美が優勝決定戦へと駒を進めました。
 序盤は両者とも互角ペースで進みましたが、5フレーム目に板倉がイージーミスからオープンにしてしまい、また中盤でターキーを決めた堀内がリードを取ります。
 しかし板倉も先輩プロとしての意地を見せて7フレーム目からターキーを打ち、8・9フレームとストライクが決まらない堀内を脅かしますが、10フレーム1投目で10番ピンに嫌われ、逆転はならず。
 堀内がワンマーク差で逃げ切り、参加5回目にして初の大会制覇となりました。
 またアマチュアの部、座覇 政史 選手スティーブ・ウェーバー選手による優勝決定戦では、出だし1フレーム目でスティーブ選手がスプリットを見事カバーして場内を沸かせ、中盤は両者一歩も譲らぬストライク合戦に突入。しかし勝負どころの9フレーム目をスティーブ選手がスペアとしてしまったことが明暗を分け、248対238とぴったりワンマーク差で座覇選手の勝利となりました。
 詳しい成績につきましては大会ページよりご確認ください。 


写真左から
アマチュアの部優勝:座覇 政史 選手
プロの部優勝:堀内 綾
(44期・No.476 所属:西京運輸(株)/スポルト十三)
 
2018/05/19
  第57回男子・51回女子プロボウラー資格取得テスト
 男子20名・女子10名の新人プロボウラーが誕生しました!


男子トップ合格
藤村 隆史
57期・No.1394

女子トップ合格
越智 真南
51期・No.568

 本日5/19、第57回男子・51回女子プロボウラー資格取得テストが全日程を終了し、新たに男子20名・女子10名のプロボウラーが誕生しましたこと、ご報告致します。
 男子では4期生・藤村 重定の次男、藤村 隆史が実技テスト最終まで佐藤 貴啓と熾烈なトップ争いを繰り広げ、わずか15ピン差で藤村のトップ合格となりました。
 女子はJPBA史上3人目の愛媛県出身女子プロボウラー、18歳の越智 真南がトップで合格。また、54期生ヤン・ヒョンギュの親戚、チャン・ヨンヒャンや、24期生・岡田 貴美の姪である岡田 友貴、43期生・小池 和久と49期生・小池 沙紀の兄妹で、48期生・小松 永宜夫人の小松 渚らも合格しました。
 新人達は今後シーズントライアルスプリングシリーズを皮切りに、グリコセブンティーンアイス杯や女子出場優先順位決定戦にてプロデビュー致します。
 プロボウリング界の未来を担う期待の新星達に、どうぞ温かいご声援をよろしくお願い致します。  


男子57期生



女子51期生
 
2018/05/17
  承認大会・第2回NARA OPENルーキーズカップ 優勝はホストプロの一谷 知広!

 先日の4/29(日)、トドロキボウル(奈良)にて承認大会・第2回NARAOPENルーキーズカップが開催され、トドロキボウルのホストプロである一谷 知広が優勝しましたことをご報告致します。
 ルーキーズカップの名の通り、若手プロとアマチュア選手で開催され、田 浩規ヤン・ヒョンギュ橋 俊彦新城 一也内藤真裕実らの若手ながらもシード権を手にする実力者達も多数参加し、予選6Gを投球しました。
 上位32名による決勝トーナメントでは熱戦が繰り広げられ、優勝決定戦にはアマチュア時代に2015年ジャパンオープン選手権で優勝した水谷 若菜と、地元ホストプロの一谷 知広が進出。地元の応援に応え、実力以上の力が発揮出来たと語った一谷に軍配が上がりました。
 詳しい成績は下記リンクよりご確認ください。

■■ 最終成績PDF/1.95MB ■■


ホストプロの面目躍如
一谷 知広
(52期・No.1315 所属:トドロキボウル)



入賞者、スタッフの皆様と一緒に記念撮影
 
2018/05/14
  ★訃報・渡辺さかえ 氏ご逝去とお別れ会のご案内

 先日5/8(火)に、かねてより病気療養中だった3期生・ライセンスNo.58、神奈川・東地区所属の渡辺さかえ 氏がご逝去されました。
享年76歳。謹んで皆様にご報告申し上げるとともに、哀悼の意を表します。
葬儀は故人のご遺志により、家族葬が執り行われましたが、有志によりお別れ会が催されます。つきまして、渡辺さかえ氏と親交のあった方々に広くお集まり頂きたく、こちらにてご案内させて頂きます。

<渡辺さかえプロお別れ会>
日時:平成30年6月18日(月) 午後2時より
会場:鎌倉プリンスホテル バンケットホール七里ヶ浜
会費:7,000円


お申込用紙等、詳しくはこちら(PDFファイルが開きます)

 
  承認大会・第7回エーツーカッププロアマオープントーナメント 堀内 綾 優勝!

 今年もGW最終日の5/6(日)に、アソビックスびさいにて承認大会・第7回エーツーカッププロアマオープントーナメントが開催されました。
 プロアマ問わず多くの強豪が参戦するなか、坂田 重徳入口 光司水谷 孝敏、そして紅一点の堀内 綾が決勝へ進出。4人で1Gを投げる準決勝で堀内が252ピンと頭一つ飛び抜けたスコアで勝ち抜け、続く優勝決定戦でも坂田に40ピン以上の大差をつけて優勝を掴みました。
 詳しい成績につきましては大会ページよりご確認ください。   


青木 彰彦 社長と一緒に
写真左より
優勝:堀内 綾(44期・No.476 所属:西京運輸/スポルト十三)
2位:坂田 重徳(23期・No.521 所属:ラウンドワン/アサヒボウリングサービス)
3位:水谷 孝敏(37期・No.913 所属:久居ボウリングセンター)
4位:
入口 光司(54期・No.1349 所属:ラウンドワン)
アマチュア1位:伊吹 太陽 選手
 
2018/05/09
  ROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING 2018
 吉田 文啓、大会第3号800シリーズ達成!


 本日行われましたROUND1 GRAND CHAMPIONSHIP BOWLING 2018・JPBA選抜大会F会場(ラウンドワン仙台苦竹店)第1シフト3Gシリーズにて、吉田 文啓が自身初(JPBA公認290号)の800シリーズを達成しました!
 278・258・269計805ピンを打ち出し、川添 奨太串田 昭に続く大会第3号の記録達成で決勝大会進出を掴んだ吉田、こちらも決勝での活躍が期待されます!



F会場ぶっちぎりの成績で決勝大会進出!
吉田 文啓
(35期・No.848 所属:アソビックス/ハイ・スポーツ社)
 
2018/05/08
  承認大会・飯塚第一ボウルBIGプロチャレンジトーナメント2018 優勝 三池 丹揮!

 先の4/15(日)に飯塚第一ボウル(福岡)にて承認大会・BIGプロチャレンジトーナメント2018が開催され、ホストプロの三池 丹揮が優勝しましたことご報告致します。
 プロの部予選でディフェンディングチャンピオンの玉井慎一郎が2G連続パーフェクトを達成したり、決勝トーナメントでもしのぎを削る大接戦や、ビッグゲームが連発するなど、見応えある戦いが繰り広げられました。
 頂点を決する優勝決定戦には注目選手の久保田彩花と、アマチュアの部優勝の平川 照義 選手を倒した三池 丹揮が進出。ここで調子を落としてしまった久保田を、安定のスコアで三池が下し、昨年2位で終わったリベンジを果たしての優勝となりました。
 詳しい成績は大会ページよりご確認ください。



写真左から
総合優勝:
三池 丹揮(22期・No.506 所属:飯塚第一ボウル)
アマチュアの部優勝:
平川 照義 選手(ユーズボウル北九州)
 







Copyright (C) 2002-2018 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。