TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ ROUND1Cup Ladies 2015 ≡≡

開催要項
期 日
2015年10月21日(水)〜24日(土)
会 場
ラウンドワン南砂店
(AMF46L 合成レーン)
〒136-0076 東京都江東区南砂6-7-15  トピレックプラザ4F
TEL:03-5617-6911
FAX:03-5617-6921
主 催
(公社)日本プロボウリング協会
後 援
各社
特別協賛
(株)ラウンドワン
協 賛
各社
主管運営
ラウンドワンカッププロジェクトチーム
賞金総額
15,080,000円(優勝賞金400万円・ナインテントーナメント賞金総額108万円含む)
☆TV決勝パーフェクト賞1,000,000円(提供:(株)ラウンドワン)
☆パーフェクト賞(予選〜決勝R/R対象)50,000円(提供:(株)ラウンドワン)
入場料
1日1,000円
※ラウンドワンクラブ会員無料(年会費300円)
※JPBA賛助会員・小学生以下無料
その他
・開催要項PDF/167KB※10/19更新
・参加プロ一覧PDF/75KB※10/20更新


<プロ>
2015JPBA女子トーナメントプロ 132名
(1)トーナメントシードプロ 18名
  及び永久シードプロ 2名(斎藤志乃ぶ・稲橋和枝)
(2)公認トーナメント優勝者シード
(3)歴代優勝者シード 2名(関根直子・片井文乃)
(4)第2シードプロを含む2015下半期出場優先順位上位104名
(5)主催者推薦6名

<アマチュア>
女子アマチュアボウラー 223名
本大会出場88名=シードアマ47名(予定)+選抜通過41名(予定)


※大会最終日はニコニコ動画にて生放送を予定しています※
優勝決定戦をリアルタイムでお届け!
選手に応援メッセージを送りませんか?
詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://live.nicovideo.jp/watch/lv236749150 ※外部サイトが開きます
過去成績
2006年大会   ・2011年大会
2007年大会   ・2012年大会
2008年大会   ・2013年大会
2009年大会   ・2014年大会
2010年大会
日程&成績
10/21
・アマ選抜大会Aシフト6GPDF/148KB
・    〃   Bシフト6GPDF/158KB
・ナインテントーナメント1〜2回戦PDF/177KB
10/22
・予選前半6GPDF/182KB
・ナインテントーナメント3回戦〜準々決勝PDF/162KB
・レーン移動表PDF/138KB
10/23
・予選後半6GPDF/188KB
・準決勝6GPDF/113KB
10/24
・決勝ラウンドロビン12GPDF/102KB
・ナインテントーナメント結果PDF/115KB
・最終成績PDF/268KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<決勝ラウンドロビン進出者>
1位通過
姫路 麗
2位通過
阿部 聖水
3位通過
谷川 章子
4位通過
宇山 侑花
5位通過
鈴木 亜季
6位通過
近藤 文美
7位通過
名和 秋
8位通過
西村 美紀
9位通過
久保田彩花
10位通過
川口富美恵
11位通過
堀内 綾
12位通過
寺下 智香

<決勝ステップラダー進出者>
1位進出
阿部 聖水
2位進出
鈴木 亜季
3位進出
寺下 智香
4位進出
姫路 麗
5位進出
川口富美恵




【 優勝 寺下 智香 !】
     
北海道勢の応援に滲む涙
寺下 智香
(47期・No.507 所属:SDエンターテイメント/サンブリッジ 出身:北海道)
(優勝ボール:DV8(サンブリッジ) サグ・ライフ)

★ROUND1CupLadies2015 寺下 智香、涙のレギュラーツアー初優勝!

 一年の締めくくりとなる年末の2大会を控え、各ランキングトップや来季のシード権などを狙う者にとって重要な意味を成すROUND1CupLadiesが本日4日間にわたる熱戦の幕を閉じました。
 予選、準決勝とレーン攻略に苦戦する選手が多かった混戦状態をくぐり抜け、決勝ラウンドロビンには今季だけで4勝を誇る向かうところ敵無しの姫路 麗、そんな姫路の背中を追う阿部 聖水を先頭に、谷川 章子鈴木 亜季近藤 文美名和 秋西村 美紀川口富美恵堀内 綾、そして昨年のプロテストトップ合格者・寺下 智香、今季デビューの宇山 侑花久保田彩花らラウンドロビン初体験の若手、あわせて12名が進出。
 ラウンドロビンでは阿部がスコアの乱高下はあったものの、8勝を挙げて首位を独走。その後を、一時10位まで落ちながらも安定したスコアを打って順位を上げた鈴木と寺下、トップシードから滑り落ちながら何とか進出圏内に止まった姫路が続き、ポジションマッチで近藤を引きずり下ろした川口が最後の一席を手に入れます。
 出場選手も笑顔を浮かべ、観客と一体となって楽しんで投球する恒例のナインテントーナメントで盛り上がった後、一転して緊迫した空気が流れる決勝レーン。
 水を打ったように静まるなか、川口と姫路による5位決定戦が始まりました。
 12勝の姫路と7勝の川口、どちらも甲乙付けがたい実力の持ち主同士らしく、ゲーム中盤までほぼ互角で進みましたが、川口が8フレーム目に痛恨としか言い様のないビッグフォー。これで姫路がワンマーク差を奪い、9フレーム目からのオールウェーで川口にとどめを刺しました。
 勝ち上がった姫路と寺下との4位決定戦は、寺下が滑り出しからダブルでリード。姫路もワンマーク差に詰めて追いますが、7フレーム目にチェンジしたボールが6・7・10番を残すスプリットに。強気で攻めましたがオープンに終わり、9フレーム目から再びオールウェーを決めるも、ノーミスを守った寺下に及ばずここで敗退となりました。
 昨年のプリンスカップで、パーフェクトを達成しながらも敗北したという因縁の相手・姫路にリベンジ成功したことで勢いをつけた寺下は、続く3位決定戦で鈴木を相手に5連続ストライクで圧勝。阿部が待ち受ける優勝決定戦へ臨みます。
 先週の千葉オープンでお伝えしたように、プロの世界では「2勝目を挙げてからが本物」と言われるなか、2年前のMKチャリティカップで初優勝を果たした阿部と、昨年の新人戦で初優勝の寺下。どちらも喉から手が出るほど2勝目が二人の戦いは、寺下が三度ダブルスタートを切る一方、阿部は左レーンで迎えた2フレーム目で2・4・5・8番のバケットから5番ピンを残してオープンに。
 ここで素早くボールをチェンジした阿部は3フレーム目からストライクを繋ぎ、中盤で一歩先を行く寺下を捕まえます。
 しかし新人戦で優勝して間もないうちから「次はレギュラーツアーでの優勝を」と周囲から期待を寄せられていたという寺下もまた、経験値では阿部に及ばずとも若手トップクラスの実力の持ち主。「ここでダブルを持って来なければ置いて行かれる」と考え、アプローチにやや時間をかけて集中を高めます。ここでギアチェンジが功を奏したか、5フレーム目から4連続ストライクに成功。6フレーム目でストライクが切れた阿部に対してもう一度リードを取り、ぴったりワンマーク差で10フレ勝負へ突入します。
 2勝目を目前にした10フレーム目、1投目は両者ともストライク。阿部はオールウェーでも235ピンとなり、寺下のミスを待つとしても2投目は絶対にストライクでなければならない状況となりましたが、天は阿部に味方せず。失投したわけでは決してなかったにも関わらず、無情にも4番ピンが残ってしまいました。
 初のラウンドロビン、初のステップラダー。そして初のレギュラーツアー優勝、それも優勝賞金400万というビッグタイトルを前にして、緊張はしていても顔には出さず平静を保った寺下の2投目も9本カウントでしたが、ここで勝敗が確定。
 待ち望んだ2勝目を挙げ、次の目標は?という質問に対して「10勝すること」と答えて道産子らしい器の大きさを窺わせた寺下。その寺下が大いに刺激を受けたと言う、今季ポイントランキングも10位以内をキープしている同期の鶴井 亜南や、先々週のジャパンオープンで初優勝を遂げた森本 健太ら同世代のプロとともに、新時代を担ってくれるヒロインがまた一人誕生しました!


六甲クィーンズに続き、今季2度目のベストアマ獲得!
石田 裕子 選手
(ラウンドワン加古川店)




< ナインテントーナメン準決勝進出者 >
第1ブロック進出
姫路 麗
第2ブロック進出
阿部 聖水
第3ブロック進出
名和 秋
第4ブロック進出
谷川 章子




【 ナインテントーナメント優勝 谷川 章子 !】
     
決勝ステップラダー解説も頑張りました
谷川 章子
(37期・No.389 所属:(株)グランドボウル)

★ROUND1CupLadies2015 ナインテントーナメントを谷川 章子が初制覇!

 ファイナルステージを前に、ROUND1Cup恒例のナインテントーナメント・TVファイナルが行われました。
 9・10フレームのみを投球し、最短3球、最長でも5球で勝敗が決する短期集中戦は毎回大変な盛り上がりを見せますが、今年はファイナリスト4名全員がタイトルホルダー、同時に決勝ラウンドロビン進出も果たしているというまさにトップクラスの戦いに。
 阿部 聖水名和 秋をそれぞれ下した姫路 麗谷川 章子の優勝決定戦は、後に投げる姫路が3投目を8本カウントとして谷川にわずか1ピン及ばず、谷川の優勝が決定しました。
 本戦では惜しくも8位で決勝進出は成らなかった谷川ですが、ナインテントーナメント優勝で賞金40万円をゲットしました!






Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。