TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 第6回HANDA CUP・プロボウリングマスターズ ≡≡

開催要項
期 日
2015年6月6日(土)〜6月8日(月)
会 場
川崎グランドボウル
(BW 52L(2フロア) 合成レーン)
〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町11-14
TEL:044-244-2281
FAX:044-244-2283
共 催
(公社)日本プロボウリング協会/国際スポーツ振興協会(ISPS)
後 援
東京新聞東京中日スポーツ 他
協賛・協力
(株)喜代村 (株)アメリカンボウリングサービス(株)ハイ・スポーツ社
(株)サンブリッジ(株)グランドボウル
賞金総額
6,270,000円(グランドシニア賞金含む・優勝賞金:1,500,000円)
☆パーフェクト賞(予選〜決勝SL):50,000円(提供:マスターズ実行委員会)
☆     〃     :25,000円※50,000円を均等割り(提供:(株)グランドボウル)
入場料
・1日券 500円
※JPBA賛助会員無料(会員証をご持参下さい)
※中学生以下無料
その他
・開催要項PDF/131KB
・アマチュア参加申込用紙PDF/90KB
・プロ参加リストPDF/66KB
・アマチュア参加リスト6/3現在PDF/101KB


<プロ>
JPBA男子シニアプロボウラー

<アマチュア>
男子シニアアマチュアボウラー

※出場総数プロ+アマ=240名
※平成27年6月6日現在 満50歳以上の男子
過去成績
第1回大会
第2回大会
第3回大会
第4回大会
第5回大会
日程&成績
6/6
・予選レーン移動表PDF/122KB
・予選前半6GPDF/158KB
・開会式
6/7
・予選後半6GPDF/181KB
・準決勝6GPDF/87KB
6/8
・決勝ラウンドロビン12GPDF/75KB
・最終成績PDF/184KB

大会記録
パーフェクト達成者
藤保 豊(10期・No.331)予選前半Bシフト2G目/公認1301号
藤澤 淳二(35期・No.830)予選後半Aシフト1G目/公認1302号
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<決勝ラウンドロビン進出者>

1位通過
北岡 義実
2位通過
石原 章夫
3位通過
坂田 重徳
4位通過
高橋 延明
5位通過
玉置幸一郎
6位通過
岩本 茂文
7位通過
黒羽 正行
8位通過
酒井 武雄
9位通過
田形 研吾
10位通過
斉藤 正典
11位通過
宮崎 淳
12位通過
溝口 康男 選手


<決勝ステップラダー進出者>

1位通過
高橋 延明
2位通過
北岡 義実
3位通過
坂田 重徳
4位通過
石原 章夫





【 優勝 高橋 延明 !】


     
1ピン差の激闘を制して大会連覇達成!
高橋 延明
(23期・No.514 所属:シチズンプラザ 出身:東京都)
(優勝ボール:ストーム社(ハイスポーツ) トリプルクラックス&クラックスパール)
2015/6/8

第6回HANDACUPプロボウリングマスターズ 高橋 延明が大会連覇を果たす!

 50才以上の男子選手のみ出場権が与えられるプロボウリングマスターズ。ボールの回転やスピードは若手に一歩譲ったとしても、コントロールや戦術、駆け引きといったボウリングの醍醐味にかけては上を征く。そんないぶし銀の男達の戦いが、本日閉幕致しました。
 予選前半と後半、また準決勝でも順位が大きく変動し、坂田 重徳岩本 茂文黒羽 正行らが大きくジャンプアップ。なかでもアマチュア唯一の決勝ラウンドロビン進出を果たした溝口 康男 選手は予選21位からの滑り込みという大健闘を見せてくれました。
 しかし上位陣の壁は厚く、ディフェンディングチャンピオンの高橋 延明と昨年2位に終わりリベンジを誓う北岡 義実がトップシード争いの末に高橋リードで決勝ステップラダー進出。その後に8勝を挙げた坂田が続き、最後の一席をかけて石原 章夫玉置幸一郎が争いましたが、ポジションマッチで勝ち星を挙げた石原が玉置を引きずり下ろしました。
 4位決定戦は石原VS坂田の組合せ。ひとつ上でライバルの北岡が待ち受けているとあれば、何としてでも勝ち上がりたい坂田が中盤ターキーに成功。滑り出し以降ストライクが決まらない石原も丹念にスペアを決めて手堅くまとめますが、勝負どころの9・10フレでダブルを決めた坂田が石原を突き放しました。
 坂田曰くの”ドリームマッチ”となった坂田VS北岡の3位決定戦。1フレーム目でいきなりスプリットを出してしまった上に右レーンでストライクが来ない坂田が出遅れます。一方北岡は3フレーム目からターキーを決めてリードを広げ、圧倒的に優勢かと思われましたが、6フレーム目でまさかの7・10スプリット。対する坂田は7フレーム目で3・6・7番ピンのスプリットをカバーしてじりじりと差を詰めます。先に投げる北岡が204ピンで終了し、坂田は9フレーム目からのオールウェーが成功すれば1ピン差の逆転となるところでしたが、10フレーム2投目であえなくテンピンタップ。ワンマーク差で坂田から逃げ切った北岡が優勝決定戦へと駒を進めました。
 トップシードこそ入れ替わりましたが、昨年と同じ北岡VS高橋の組合せによる優勝決定戦は、両者ともスペアからのスタート。しかし左右のレーンでコンディションが違うことを感じた高橋はボールを2つ投入、北岡も3位決定戦とはライン取りなど攻め方を変えた結果、両者とも作戦が当たって一歩も譲らぬストライク合戦に。7フレーム目で先に途切れたのは高橋でしたが、8フレームでは北岡が痛恨のスプリット。さらにスプリットが出たレーンで迎える10フレーム目を考えることに集中し過ぎたか、9フレーム目もストライクが決まらず、10フレ勝負へと突入します。
 先に投げる北岡は、しかしここできちんと持ち直してダブルに成功。高橋にプレッシャーを与えるためにはパンチアウトまで決めたいところでしたが、最後の投球は4番ピンを残す9本カウント。これで高橋は1投目にストライク、2投目はストライクでなくても9本ならば同点、カバーできれば1ピン差で優勝という展開に。
 決して余裕のある展開とは言えませんが、そこで余裕が生まれるのが第一線で戦い続けてきたシニアの底力。8フレーム目で7・10スプリットになりかけたところを7番ピンが倒れてくれたという幸運もものにしてきた高橋が、最後に残った4番ピンをカバーし、大会連覇を達成しました。
 粘りの石原、攻めの坂田。そして最後の1ピンを巡る高橋と北岡の激闘と、今年のマスターズは若手だけの戦いではなかなかお目にかかれない、まさにいぶし銀の重厚な戦いを見せてくれました!

<ベストアマ>

決勝ラウンドロビン進出を果たし、総合12位入賞でベストアマ獲得!
溝口 康男 選手
(四つ木イーグルボウル)


★第6回HANDACUPプロボウリングマスターズ グランドシニア表彰のご報告

 本日の準決勝終了後、65才以上のプロを対象としたグランドシニアの表彰が行われましたのでご報告致します。
 グランドシニアでただ一人決勝ラウンドロビン進出を決めた斉藤 正典をトップに、以下4名に特別賞として賞金が贈られました。
 グランドシニアとはとても思えない顔ぶれが並びましたが、生涯第一線で戦う元気な姿を見せてほしいと思います。



写真左より
1位:
斉藤 正典(12期・No.379 所属:江の島ボウル/レジェンドスター)
2位:
星野 宏幸(7期・No.167 所属:A.Cグランド)
3位:
藤保 豊(10期・No.331 所属:アマカスボウリングチェーン)
4位:
貞松 保行(11期・No.352 所属:本八幡スターレーン)
5位:
矢島 純一(1期・No.18 所属:中野サンプラザボウル/(株)LTB/ABS)






Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。