TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス
公認トーナメント
シードプロ
ランキング
プロワッペン
公認トーナメントに参加ご希望の皆様へ
≡≡ 2015宮崎プロアマオープントーナメント ≡≡

開催要項
期 日
2015年4月23日(木)〜4月26日(日)
会 場
宮崎エースレーン
(AMF32L 合成レーン)
〒880-0812 宮崎県宮崎市高千穂通り1-3-22
TEL:0985-25-6262
FAX:0985-25-5305

主 催
ジャパンレディースボウリングクラブ(JLBC)/九州ボウリング場連合協議会
主 管
宮崎プロアマオープントーナメント運営委員会/JLBC九州・山口地区南九州支部
特別後援
宮崎県宮崎市(財)みやざき観光コンベンション協会
(社)宮崎市観光協会スポーツランドみやざき推進協議会
みやざきブランド推進本部スカイ・A
後 援
宮崎県ボウリング場協会/宮崎県ボウリング公認競技場協議会
JBC九州ボウリング連合会/NBF九州ブロック
宮崎日日新聞社MRT宮崎放送UMKテレビ宮崎
MCN宮崎ケーブルテレビボウリングマガジン/ボウリングジャーナル社
プロボウリング社/ボウリングエクスプレス社/みやざき中央スポーツクラブ
特別協賛
イーグル商事/雲海酒造サンブリッジNTTデータジェトロニクス
コカ・コーラウエスト(株)
協 賛
協賛企業各社
賞金総額
5,000,000円(優勝賞金120万円)
☆パーフェクト賞 50,000円(提供:宮崎エースレーン)
☆パーフェクト賞 美容エッセンスSPH300(提供:(株)あさひ)
☆TV決勝パーフェクト賞 優勝決定戦1,000,000円・準決勝2試合500,000円
入場料
・通し券 2,000円(前売り1,500円)
その他
・開催要項PDF/174KB
・JLBC九州フェスティバル(兼アマチュア予選会)
 開催要項+参加申込書PDF/78KB
・参加選手一覧PDF/132KB
※4/22更新

・ツアーパック案内宿泊のみ羽田発セントレア発大阪国際発 

<プロ>
JPBA'15女子トーナメントプロボウラー 120名
(1)トーナメントシードプロ 18名
(2)永久シードプロ 2名(斉藤志乃ぶ・稲橋和枝)
(3)歴代チャンピオンシード 7名予定
(長原京子・池田美葉・五十嵐久乃・愛甲恵子・加藤八千代
・長谷川真実・小林あゆみ)
(4)第2シードプロ含む'15上半期出場優先順位上位 87名
(5)主催者推薦 6名
※プロボウラーが定員に満たなかった場合、アマチュア選手を繰り上げます。

<アマチュア>
アマチュア 本大会出場30名
(センター予選会通過(推薦含む)10名+最終予選会通過20名)


宮崎プロアマオープン
特設速報サイト

http://bowling.rankseeker.net/
※別サイトへジャンプします
過去成績
2006年大会   ・2011年大会
2007年大会   ・2012年大会
2008年大会   ・2013年大会
2009年大会   ・2014年大会
2010年大会
日程&成績
4/23
・JLBC九州フェスティバル(承認大会)PDF/125KB
・開会式&交流パーティー
4/24
・予選前半Aシフト5GPDF/103KB
・   〃  Bシフト5GPDF/104KB
・予選レーン移動表PDF/113KB
4/25
・予選後半5GPDF/139KB
4/26
・準決勝ブロックラウンドロビン6GPDF/110KB
・最終成績PDF/219KB

大会記録
パーフェクト達成者
なし
800シリーズ達成者
なし
7-10スプリットメイド達成者
なし
Photograph

<準決勝ブロックラウンドロビン進出者>
Aグループ
 
Eグループ
 
B4位通過
小林あゆみ
B12位通過
吉田真由美
A5位通過
山田 弥佳
A13位通過
谷川 章子
 
B2位通過
板倉奈智美
B10位通過
長縄多禧子
A7位通過
亀井 智美
A15位通過
菊地 葵
Bグループ
 
Fグループ
 
B5位通過
中谷 優子
B13位通過
森 彩奈江
A4位通過
アリス曲渕
A12位通過
進 博美
 
B7位通過
河上 未希
B15位通過
小泉奈津美
A2位通過
白石 順子
A10位通過
大石 奈緒
Cグループ
 
Gグループ
 
B3位通過
吉川 朋絵
B11位通過
丹羽由香梨
A6位通過
太田 朱虹
A14位通過
座間 美子
 
B1位通過
姫路 麗
B9位通過
前屋 瑠美
A8位通過
平野 志帆
A16位通過
寺下 智香
Dグループ
 
Hグループ
 
B6位通過
阿部 聖水
B14位通過
坂倉にいな
A3位通過
時本美津子
A11位通過
関根 直子
 
B8通過
阪本 和江 選手
B16位通過
名和 秋
A1位通過
岸田 有加
A9位通過
川崎八千代


< 決勝トーナメント進出者 >
A1位
谷川 章子
H2位
名和 秋
C1位
吉川 朋絵
F2位
小泉奈津美
B1位
進 博美
G2位
姫路 麗
D1位
阿部 聖水
E2位
板倉奈智美
E1位
亀井 智美
D2位
関根 直子
G1位
平野 志帆
B2位
アリス曲渕
F1位
大石 奈緒
C2位
丹羽由香梨
H1位
岸田 有加
A2位
小林あゆみ


< 決勝トーナメント準決勝進出者 >
名和 秋
阿部 聖水
平野 志帆
丹羽由香梨



2015/4/26

★2015宮崎プロアマオープン 名和 秋が宮崎初制覇!

 昨年末のプリンスカップから4ヶ月、待ちに待った女子開幕戦・宮崎プロアマオープン。2日間にわたる予選に4人8組に分かれて行われるブロックラウンドロビン、そしてガチンコ勝負の決勝トーナメントと見どころも満載で、毎年地元の宮崎はもちろん、九州各地からも観客が押し寄せます。
 選手達にとってはコンスタントに打てる実力はもちろん必要ですが、運も大きく左右してくる大会と言えるでしょう。予選ではBシフトにシードプロが集中し、各シフト上位16名が準決勝へ進出できるというレギュレーションのなか激戦を極めます。
 そんな中、前半ではBシフト17位と次点に着け、予選終了時に西村 美紀を1ピン差で上回って準決勝枠を手に入れたのが、2013年のROUND1CupLadiesで9年ぶりの2勝目を挙げた名和 秋でした。
 プロ、アマチュアを問わず、「練習すればするほど悪くなる」という低迷期につかまった経験のある方は多いと思われますが、名和いわくは昨年末からずっと、今大会もそんな霧の中を歩く者の一人でした。
 9年ぶりのV2から明けて一年は17位タイで終わった宮崎をはじめ、上位陣には名を連ねるのですがファイナルステージには届かず、シードプロ枠は確保したものの名和本人にとっては満足の行かない結果に。
 そこで一念発起した名和、正月休みも返上して練習に打ち込み、この開幕戦を迎えましたが、低迷の霧はなかなか名和を離してはくれません。
 しかし幸運の女神は名和を贔屓にしたようで、先に書きました通り予選は激戦区のBシフトながら1ピン差で通過。準決勝ブロックラウンドロビンはAシフト1位で好調の岸田 有加がいた上に、2勝4敗の戦果ながらベストアマの阪本 和江 選手に24ピン差でかわして決勝進出を果たします。
 ぎりぎりの綱渡り状態で勝ち抜けてきた名和でしたが、決勝トーナメント1回戦の対戦相手が朋友の谷川 章子だったことから「仲良しのあっこちゃんに恥ずかしくないゲームをしよう」とスイッチが入り、なんと今大会初の250up。
 続く対小泉奈津美の2回戦では小泉の思わぬ自滅もあり、50ピン近い大差で勝利します。
 4強が出揃ったところで、279ピンのビッグゲームを連発して勝ち上がった絶好調の阿部 聖水、産休復帰から初のファイナルステージとなった丹羽由香梨と、名和を含めて4名中3名が35期の同期生という珍しい状況に。
 決勝トーナメント・準決勝第1試合、阿部と名和の対戦は直前のリオイルが響いて阿部が自滅。そして「35期生同士の優勝決定戦になるといい」と3人で語り合ったものの、41期生の平野 志帆が7連続ストライクで257ピンを打って丹羽を打倒。ただ一人になってしまった35期生・名和と、初優勝をかけた平野との優勝決定戦となりました。
 ここまで不調なりにボールやラインの選択に注意を払い、いつもよりも慎重な投球を心掛けてきたという名和の努力を、幸運の女神はさらに愛でたもうたか。序盤のダブルでリードこそ平野が取りましたが名和もぴったりとその後につき、平野に独走を許しません。さらに勝負どころの8・9フレームでダブルを決めてとうとう名和が逆転。勝敗は10フレームにもつれ込みました。
 10フレーム1投目、名和のボールは3・6・10番を残す7本カウント。対する平野がストライクを決めたことで、確実にこれをカバーしなければ敗北がほぼ確定してしまう展開となりましたが、実は今大会、3・6・10番の残りピンを一度もカバー出来なかったという名和。
 この絶体絶命の状況に、幸運の女神が降りてきたのか、それとも名和自身の強さが発揮されたのか。ボールは吸い込まれるようにピンを倒し、今大会はじめての3・6・10番カバーを決めました。
 しかしまだ勝敗の鍵を握っているのは平野。10フレーム2投目もストライクで繋げれば天秤が大きく傾くという状況でしたが、初の優勝決定戦、プロ入り8年目の初タイトルを目前にして思わず力が入ってしまい、奇しくも名和と同じく3・6・10番を残す7本カウントに。
 平野がこれをカバー出来てもMAX217ピンとなり、名和はラスト投球で5本以上倒せば勝利が確定するところを、有終の美を飾るかのように綺麗なストライクで締めくくりました。
 多くの声援と朋友達の応援、幸運の女神の寵愛と自身で身に着けた底力。すべてが名和をまた一段と成長させ、宮崎初制覇、そして開幕戦勝利を掴み取らせました!
【 優勝 名和 秋 !】


勝利を掴んだ笑顔の先に涙がこみ上げる 
名和 秋
(35期・No.365 所属:相模原パークレーン)
(優勝ボール:エボナイト社(レジェンドスター) コード・オブ・オナー)



実は今大会ベストドレッサー賞も受賞。まさに独壇場!


<ベストアマ>

アマチュア唯一の準決勝進出者にして総合17位タイ入賞!

阪本 和江 選手
(折尾スターレーン・福岡)





Copyright (C) 2002-2016 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。