TOP
カレンダー
正会員名簿
公認トーナメント
承認イベント
インストラクター
プロテスト
TV放送スケジュール
社会貢献活動
トピックス


2017/4/11〜5/20
第56回男子・第50回女子プロボウラー資格取得テスト

★第二次テスト・1日目PDF/115KB



実施要項受験申請書
 




2017/4/20〜4/23
2017宮崎プロアマオープン

◆準決勝ブロックラウンドロビン第2ラウンド3GPDF/112KB
◆最終成績PDF/201KB


< 決勝トーナメント準決勝進出者 >
松尾 星伽
寺下 智香
久保田彩花
宇山 侑花



◆JLBC九州フェスティバル(兼アマチュア選抜)PDF/126KB
◆予選後半A+Bシフト10GPDF/137KB


開催要項※4/7更新参加プロ一覧※4/13更新
2017/4/18
ROUND1CUP2017

◇プロ選抜大会A会場PDF/188KB


※出場プロにお知らせ:選抜大会各会場(B・C・D・E会場)とも、大会前日の16:00〜17:00までボール登録を行います。

開催要項プロ選抜大会申込状況4/25午前10時現在 ※第三次エントリー受付中!
■各大会参加申込状況■
・シーズントライアルスプリングシリーズ4/24午後6時現在
・『グリコセブンティーンアイス杯』 第5回プロアマボウリングトーナメント4/19午後1時現在
・第8回HANDACUPプロボウリングマスターズ プロ4/20午後1時現在・アマチュア4/5午後3時現在
※アマチュア選手のエントリー申込受付は終了しました。但し、出場プロボウラー数により
第二次募集をする場合は6/5に当ホームページにてご案内いたします。
★「グリコセブンティーンアイス杯」第5回プロアマトーナメント
 アマチュア予選会要項PDF/70KB
★中日杯2017東海オープン 個人特別協賛募集のお知らせPDF/65KB





第17回A級インストラクター講習会開催のお知らせ




2017/04/23

2017宮崎プロアマオープン 久保田彩花、開幕戦から連覇を果たす!



喜びを噛みしめながら大きなガッツポーズ
久保田彩花
(48期・No.526 所属:ピースボウル 出身:奈良県)

(優勝ボール:ABS社 Pro-amコマンダー・チーフ)

 すでに初夏を思わせる南国・宮崎を舞台に、女子選手達が今年も華やかに球音を響かせました。
 2日にわたる予選10G、実力もさることながら組合せの運も重要になってくる準決勝ブロックラウンドロビンが行われるなか、姫路 麗松永 裕美吉田真由美ら3強が次々と姿を消す予想外の展開に。不調の女王組に代わるかのごとく、プロ入り10年以内の若手を中心とした顔ぶれが決勝進出を果たします。
 ガチンコ勝負の決勝トーナメントでは、2015年大会優勝者の名和 秋をはじめ、桑藤 美樹進 博美らタイトルホルダーが敗退する一方、大会史上2人目の決勝進出アマとなった弱冠19歳の浦野 実紅 選手の健闘が光りました。
 いよいよ頂点が見えて来た決勝トーナメント・準決勝。1試合目の対戦は、プロ入り2年目の松尾 星伽と、プロ入り4年目の寺下 智香。寺下はすでに2勝を挙げた実力者ですが、対する松尾もアマチュア時代から名の知れた強豪。伯仲の戦いは3フレーム目に松尾がオープンとするも寺下にわずか1ピン差のまま、勝負は10フレームに突入します。
 1ピンの差をひっくり返す為にもパンチアウトが欲しい松尾でしたが、3投目に7番を残す9本カウントとなり236ピンで終了。寺下はこれで3投目に9本以上を持ってくれば勝利となり、わずかに余裕が生まれましたが、それが逆効果となったか肩に力が入ってしまい、3投目は6・7・10番を残すスプリット。皮肉にも1ピン差のリードをひっくり返された形となり、寺下、号泣の敗退となりました。
 続く2試合目、浦野選手を撃破した久保田彩花と、大会史上初の決勝進出アマからプロになった宇山 侑花の同期対決は、滑り出しのミスが響いたか宇山が精彩を欠き、好調の久保田に追いつけないまま自滅。久保田が松尾の待つ優勝決定戦へと駒を進めます。
 今季開幕戦でもあり、JPBA創立50周年という節目を記念した重要な意味を持つ大会で初優勝を果たした久保田。初優勝に王手を掛けた松尾には荷の重い相手かと思われましたが、ターキーを繰り返す久保田に松尾も粘り腰で食らいつきます。
 そして運命の8フレーム目、6フレーム目にもあわや7-10となりかけた左レーンで久保田がスプリットを出してしまいます。ツーマーク差をつけられている松尾にとっては大チャンス。ここでターキーを決めて差を詰め、逆転したいところでしたが、なんと松尾も2・10番を残すスプリットに。しかも久保田がこのスプリットを見事カバーし、さらにリードを広げます。
 これでゲームの流れを握った久保田は、ストライクを繋いで諦めずに追ってくる松尾を、10フレーム1投目のストライクで突き放し、勝利を確定させます。
 初優勝を果たした後、所属センターの閉鎖を知らされて落ち込んだものの、閉鎖されるまでに一つでも多く優勝し、センターの有終の美を飾りたいと気持ちを切り替えたという久保田。
 まだ21歳の若さながらその強さと柔軟なメンタルに大器の片鱗が窺わせ、初優勝から1ヶ月半、「本物の証」の2勝目にして世代交代を象徴する勝利となりました!  


決勝トーナメント進出でベストアマ獲得!
浦野 実紅 選手
(千葉・あすみヶ丘ファミリーボウル)
2017/03/01

★『グリコセブンティーンアイス杯』第5回プロアマボウリングトーナメント
アマチュア予選会参加者募集!


 『グリコセブンティーンアイス杯』が今年は栃木県を舞台に開催されます。本大会に先駆けて、栃木県内7センターにてアマチュア予選会の開催が決定致しました。男女共催でお祭りのような賑わいを見せる『グリコセブンティーンアイス杯』に参加して、プロと腕を競ってみませんか?
開催センターや日時等は下記要項をご確認ください。
たくさんのご参加、お待ちしております!


■■ アマチュア予選会開催要項PDF/71KB ■■


第4回大会優勝者とベストアマ








法人賛助会員
筑波乳業株式会社
えどっと
オレンジボウル
北小金ボウル
サイン工房FULL

JPBAは法人・個人賛助会員を募集しています




関連リンク




Copyright (C) 2002-2017 公益社団法人 日本プロボウリング協会 . All Rights Reserved
このサイトに掲載されている記事、写真、映像等、これらの素材をいかなる方法においても無断で複写・転載することは禁じられております。